Kuniyuki Takahashi is a sound designer and producer who is based and works in Sapporo, Hokkaido, Japan. In 1994, he started his solo musical career. In 1997, as FRR HIVE, he released a mini album which was released on CD and 12INCH from the BASSMENTAL label. And in 1998, he had been participated in the RAINBOW 2000 outdoor festival in Japan, as a member of HOSONO HARUOMI(YMO) group.

In 2000, as Kuni, he released a track which was included on Dego of 4 Hero's, 2000 BLACK label called "THE GOOD GOOD" compilation. In 2001, as KOSS, he has released his full-length album out of soundofspeed and as Kuni, he released a12inch EP from Lifeline Records.

Kuni also remixed ANANDA PROJECT's track, "Cascades of Colour", which was included in the Ananda Project Remix Album titled, Re-Release out of King Street Sounds. In 2002, as Kuniyuki, he just released a 12inch EP called "Precious Hall", out of Natural Resource, a division of Joe Claussell's Spiritual Life Music label. As KOSS, he released his 1st LIVE album CD through soundofspeed.

He is no doubt one of Japan's best kept secrets. International DJ's such as Joe Claussell, Dego, DJ Cosmo, Jimpster to name but a few, have been falling over themselves when they heard his produced tracks. Now, some of them have been releasing his works through their own labels. He has also been working closely with the soundofspeed crew over the past few years and releasing hisworks on their own label and performing live with them in their famed parties which are held regularly in Tokyo and sometimes in parties such as the Big Chill and in excursions to Austria and Europe. Check out the ever-consistent and surprisingly prolific producer out of Sapporo, Kuniyuki Takahashi!


札幌を拠点に活動するKuniyukiこと高橋クニユキは2001年Dego aka 4Heroが主宰するレーベル2000BLACKからリリースされたコンピレーションアルバム「Good Good」にオリジナルトラック"Nu Way"を提供。その後、日本の優良ダンスミュージックレーベル Lifelineから2枚組のシングル"Kids Breath"をリリース。Kuniyuki自身によって演奏されたフルート、パーカッション、ピアノと鳥の声、風の音など様々な音の粒子を融合させる事に成功しスピリチュアルなブレイクビーツトラックを完成させた。Cutting EdgeからリリースされたAnanda Projectのリミックスアルバムにもリミキサーとして参加。美しく繊細なKuniyukiによる"Cascade of Colour"のリミックスはジャンルを超えて話題となった。
そして2002年、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resource から、自身のホームタウンであり、ディープハウスの聖地でもある札幌の名クラブをトリビュートした曲"Precious Hall"をリリース。多くのDjチャートに取り挙げられ、世界で最も注目を集めるアーティストの1人となった。
2003年にはIan ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピレーションアルバム"Soul of Science 3"にNxs "Sleepers" Kuniyuki Remixが収録。
尚、12月に寺山修司のトリビュートアルバム"Terayama Shuji Innovation"にも Kuniyuki名義で新曲を発表した。また、2000年、東京のレーベル Sound of Speedより、Koss名義でのファーストアルバム「Ring」をリリース。
1曲約40分にも及ぶこの壮大なダウンビートアルバムは、Larry Heard、Plaidなどを始めとする国内外のアーティスト、メディアから高く評価された。これらの楽曲は実験的でありながらも音楽的であり、常に高いレベルにおいて世界感を作り上げている。
2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加を皮切りに、ラップトップでのライブを国内外で精力的に行い、Kossの楽曲は今なお変化し、進化し続けている。
2002年、「Live Ring」をリリース。このアルバムには、原曲のRingとはまた違うダブの要素などが取り入れられ、Kossの認知度を確立させた作品となった。
2005年、Kompakt Exclusive Distribution Labelとしてスタートした Mule Electronic より、2枚のEP、未発表曲を収録した「Ring」を6月にリリース。このリリースにおいて、Kossとしても Kuniyuki同様にワールドワイドにおいて確固たる地位を築くこととなった。
そして、同じくドイツWas Word And Soundと共にスタートしたMule Musiqより、2005年、Kuni名義でのニューシングル「Sun Shine」、kuniyuki名義でのニューシングル「Earth Beats」をリリース。
フランソワケヴォーキアン、ラリーハード、イアンオブライエン、ジョークラウゼルなどを始めとする、数多くのビッグネーム DJ からプレイされ、圧倒的な支持を得た。
そして、2006年、Kuniyukiとして、待望のファーストアルバムをリリースする。